2016年02月26日

世帯は何かしらの



大半は犬か猫だが、中には蛇やトカゲなどの爬虫類や両生類や毒グモなど、
こんなものがペット?と思えるほどのものまである。

欧米でも、中心になる愛玩動物といえば、犬や猫になるが、
イギリスでは、歴史的に犬廣州長隆が好まれ、
イギリスを起源とするコーギー、テリア、リトリバー、ブルドッグなどの犬が多数存在する。
一般市民の飼育目的としては、愛玩、護衛、狩猟などが挙げられるが、
飼う以上は、訓練を施すことが基本だと考えている。
そして、犬を決して食用にすることはない。

だけどもイギリス人から見れば、東洋人は、犬を食べると思っているところがある。
サッカーの中村俊輔がセルティックでプレーしていた時に
「ナカムラが俺の犬を食った」とTシャツに揶揄(やゆ)する言葉を書かれたことがあった。
ビックリするようdermes 激光脫毛言葉だが、
今はどうだか知らないが、中国や韓国では犬を食用にしていた。
その昔、チャーチル首相が蒋介石氏に大型犬のドーベルマンを送ったところ
「マコトに、美味」という返事があったという。
おっ、食べてしまったんだ!

もう一方の代表的愛玩動物である猫は、護衛や狩猟などは性格的にお呼びがかからず、
もっぱら可愛がられる存在ということになる。
韓国では猫はペットとはならず、むしろ少し気味悪がられていたようだが、
最近は、愛玩する動物として飼われるようになったという。

日本で猫は昔から可愛がられ、清少納言が生きていた時代の一条天皇は、
大変な猫好きであった<dermes 激光脫毛うだ。
『枕草子』の中「上に候ふ御猫は」の段には、天皇の飼い猫が
かなり位の高い「五位」の地位に叙せられ『命婦のおとど』と名づけられたと出てくる。
『枕草子』の別の段にはゾウにも位が与えられたとある。
確か六位に叙せられたと思う。

「五位」と「六位」は、わずかに一位の差しかないが、そこには決定的な違いがある。
「五位」以上が天皇のいるところに昇殿を許されるキマリがある。
『命婦のおとど』と称された猫は天皇のそばに昇殿できるが、
ゾウはダメという事になる。
あんなデカイものに昇殿されると、タマったものじゃない。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。