2014年09月16日

縹縹緲緲,漫入九霄

秋夜,無眠。

心累了,好想酣然入夢,然而思緒的孩子還在無語的世界遊蕩玩耍,頑皮的不願歸家康婷清脂素

涼風在枝頭上旋著曼妙的舞步,月光很機靈的從樹上鉆下來。熟睡的樹忽地被驚醒,抖落壹樹星辰,悲傷地悄然而下,鋪就滿地滄桑。

壹支笛子把思念吹響,悠悠揚揚、縹縹緲緲,漫入九霄。

指間流年,星移月遷。翻開歲月的篇章,君曾憐我多悲秋,今日卻不見舊歡眸。抱枕倚窗前,試問舊人何處?只有輕喚:船渡,船渡,夢裏載他歸路史雲遜

壹盞孤燈,誰與傾照?

常道風塵多苦,盼得幾人相顧?

總恨此生無人識我意,誰解情愁?天涯何處寄溫柔史雲遜護髮中心

縱使萬般皆有命,我卻非信命人康和堂

多想與靜夜相溶化,用黑暗掩蓋我心靈虛空的洞口。

寞寞清宵,掬壹捧玉露芳華,化作詩的海洋,沈醉我的心扉。


同じカテゴリー(Emotion)の記事画像
每一天每一夜
那人不在燈火闌珊處
三個傻瓜
怒放青春
同じカテゴリー(Emotion)の記事
 雖然已是白日,卻懶得開門 (2014-09-15 17:33)
 夢回到那個遙遠的過去 (2013-11-26 13:21)
 只要我們記得就好 (2013-10-08 11:04)
 一個陌生人 (2013-08-06 17:39)
 每一天每一夜 (2013-06-26 11:51)
 那人不在燈火闌珊處 (2013-06-13 17:23)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。