2017年05月25日

元に陶酔の微

あの???ちょっと前に来れないって言ってたミユキが、もうそこまで来てるって」
おお、例の元カノかあ柏傲灣示範單位
よかったじゃん」
とハマグチは単純に女子が増えるのがうれしいようだ。
沖縄ではカフェとレストラン、それと霊気道場なんかもやってるんですって?」
とナカバヤシがミクに尋ねる。
ええ。
レストランのある丘の奥に道場と簡単なバンガローみたいな宿泊施設が四棟。
みなさんも気軽に泊まりに来てくださいね。
まだほとんど知られてないから、けっこう空いてるんですよ。
素泊まり3000円で、霊気体験を無料で付けちゃうんです」
とミク。
そりゃあ、割安だねえ?」
とハマグチ。
トオルはそこに泊まってたの?1ヶ月も」
とナカバヤシはトオルの顔を見る。
ええ、最高でしたよ、あの1ヶ月は。
その一帯がもう、ほとんど楽園みたいで。
ミクさんたちが丘の周辺をガーデンミュージアム並みに手入れしてて、それがまた自然の中のまさにアート空間って感じで。
まあでも、なんと言ってもあそこの空気がね、ちがいますよね?」
とトオルはその光景が目の前にあるかのように口元に陶酔の微笑みを浮かべながらそう言った。
そりゃあ、俺んとこの庭の畑とは比べもんにならねえからなあ」
とホンジョウ。
へえ、まだちゃんとやってるんだ柏傲灣示範單位?畑」
とミク。
まあ、なんとなくはまっちゃってね。
ああ、あそこ???、ミクと一緒に始めたんだよ」
とホンジョウはまわりのヤロウたちを見渡しながらそう言った。
ホンジョウ、やっぱオマエ???、引退後は沖縄だな?」
とナカバヤシがマジ顔で言う。
そ、それはどうかな?
ナカバヤシシェアハウスと迷うかもなあ?」
とホンジョウ。
しかし、なんだね???。
今はシェアハウスとか言ってるけど、10年もしてまだやってたら???、単なる老人ホームだからね」
とハマグチが変ないいがかりを付け出した柏傲灣示範單位
。  


Posted by extentt at 12:24Comments(0)

2017年05月15日

は以前から関

エクスペリアも酷いけど、アメブロの新アプリもかなり怪しいですね。
新アプリにしてからエラーが出るようになったし、ユーザ支付寶HKー評価も旧バージョンより新のが低い!
アメブロも何やってるんだか??

それにしてもスマホは壊れるとかなりストレスですな~。

ドコモの故障担当のTさんはかなり頑張ってくれてたけど、まあ玉砕ですな。
絶対にギャラクシーがおすすめですって、大きな声では言えないと言いつつ、言ってました。

ソニーはもうダメだな!大赤字企業だし!
ソニー世代の私は本当に嘆かわ大腸癌 標靶藥しい限りですよ。

ちなみにドコモからiPhoneが出るとネットがパンクするとのシュミレーションがあるらしく、発売が怪しいとのこと。
やっぱスマホは今後何かと危ないかもね。
ああ、あのさあ???、もしかして君は、俺のことを前から知ってたの?この俺が君のお姉さんに会ったことと、君が俺の所に来たのとは???何か関係があるのか?」
と言ってわたしは、その時点で自分が一番気になっていたポイントについて、このユナに訊いてみることにした。

ナオキのこと?それは???、フフフ」
と言ってユナは横を向きながら何かごまかす猫のような口許で微笑んだ。
な、なんだよ?」
そう焦らないで最後まで聴いてくれる?これからちょうどあたしのオトコ関係について、話そうと思ってたところだから」
オトコ関係って???」
と、わたしが一瞬引いたのを全く無視す大腸癌 標靶藥
るかのようにユナは続けた。

あたしは中学、高校とトウキョウで公立の共学校に通ってたのね。小学校の頃から背が高かったこともあって、ずっとバスケ部に入ってて、毎日が練習練習の日々だったから、男の子との関係は奥手の方だったの。でもあたしは、どっちかって言えばモテる方だったから、クラスやそれ以外の同じ学校の男の子からもけっこうコクられることは多かったの。
それでも校内で彼氏とかを作らなかったのは、あたしが昔から同じ年頃の男の子には、全くと言っていいほど興味がなかったからなの。
それは多分きっと???、ずっとパパに愛されなかったことがトラウマになっていたからで、父親みたいなオトコの人の愛情を思春期になってからもずっと求め続けていたからだと思う。
実際にあたしの初恋は、中学校の担任の先生だったし、それ以外でも好きになった人たちは、友だちのお父さんだったり、たまたま偶然知り合ったサラリーマンのおじさんみたいな人たちばかりだった。

高校を卒業すると、あたしは以前から関心のあった介護の仕事がやりたくて、そういったことの勉強が出来る福祉の専門学校に進学したの。
ああ、でもそれもまわりに素敵なおじいちゃんがいるのが楽しみってのもあったかな?あたしの老け専は、どんどん悪化してたみたいで、そのうちに70歳ぐらいのおじいちゃんのことも恋愛の対象になってきちゃったりしてたもんだから???。

まあそれはいいとして、それから専門に通ってた頃には、もっといろんなおじさんと知り合いたいってのもあって、キャバクラで働いたりもしたんだけど???、そう、あたしのバージンを捧げたのは、その時のお客さんだった60歳ぐらいのちょっと有名な会社の社長さんだったの。その人のことは、ちょっと好きだったからしばらくは愛人で、よく素敵なお店とかに連れて行ってもらったな。
でもキャバクラはね、他のオンナの娘たちの嫉妬の目が怖くて耐えられなくて辞めたの。
あたしダメなのよ、ああいうオンナの世界って。いつも怖い先輩に目をつけられて攻撃されるみたい。部活の時は、そうじゃなかったんだけどね。
  


Posted by extentt at 10:41Comments(0)