Posted by at

2015年05月07日

らない。これがキロ

時間ギリギリまで見張り、特に予定以外の変化は見られなかったのでそのまま寝ることにした。起きたらガレージが吹き飛んでたとかは無しにしてくれよ。

 翌日、特に爆音で目が覚めるようなことも無く、経過は順調なようだ。よかったよかった。

 8時間は寝てたからニトロセルロースは後52時間か。銃の整備でもしておこう。

 それから2日間、普段の相棒であるショットガンとリボルバー以外の銃の整備を行っていた。ほら、うち元銃砲店だからさ。あ、頑張ればレベルアップによっては40ミリショットガン(・・・・・・・・・・)とか頭の悪い武器も扱えるのか。チャイナレイクグレネードランチャーの総スチール化が捗るな。

 しかしそこまで行くとレベルアップの影響で多くの荷物を持ち運べても早さが足りなくなるからドラゴンのブレスとか喰らったらお陀仏だ。やっぱりミスリルでも手に入れたら作ろう。

 荷物、そうだ、荷物だ。なんで俺はアイテムボックスの事を思い付かなかったのだろう。イメージと魔力でなんとかなる世界なら出来てもおかしくはないはずだ。

「アイテムボックス、オープン」

 試してみたが、これはやばい、アイテムボックスを作り出している間ずっと魔力が喰われている。こりゃ確かに誰もやらないわけだ。

「ふぅー」

 ちょっと休憩しよう。まだ残っているビールでも開けて少し休もう。

 ビールと昨日の残りを温めたものを食べ、ソファーでゆっくりとくつろぐ。あ、なんかモリモリ回復してきた。酒ってそういう効果でもあるのか?

 一時間ほど休憩を挟んだら平気になってきたので、今度はゲート式にして袋の中に手を突っ込むイメージを固める。

「ゲート、オープン」

 あ、今度はさっきより減りは少ない。発火に比べたらやっぱり減りは早いけど、それでも実用の範囲内だ。今度は距離を伸ばしてみよう。

「ゲート、オープン」

 減りは体感では変わらないなぁ。よし、ガレージの外に出て机の上の袋の中身を取れるかイメージだ。

「ゲート、オープン」

 やっぱり減りは変わらない。これがキロ単位になったら変わるかもしれないが、今はそれほどでもないな。

 ついでにガレージの中にワープできるかゲートを開いてみる。

「ゲート、オープン」

 うえ、ぶわっと減った。人間一人通れる大きさには維持出来そうにない。こんなもんか。

 検証が終わったので休憩しよう。まだビールも残ってるし。  


Posted by extentt at 14:52Comments(0)

2015年05月04日

実際のところでもあ


今日のニュースを見ていると「イラクでISISが博物館の彫像を破壊」と出ていた。
この種の彫像破壊が、今に始まった訳ではないが、
博物館に収められていた貴重な記録物が壊されていくのは、
人類にとっては残念なことにはちがいない。
その記事によると、それに先立って「ヨナ」の墓の破壊があったと書かれていた。
「ヨナ」とは、かの預言者ヨナである。
「預言者」と「予言者」は、似ているようだが、
ちょっと違う。
神の言葉を預かり、人々に伝えるのが「預言者」で、未来を予想するのが「予言者」。
「ヨナ」は、この「預言者」として旧約聖書に出てくる人物。
重い内容がちりばめられている旧約聖書の中で、「ヨナ書」は、
ヨナが大きな魚に呑み込まれたりと、
人間的で、コミカルな要素を含んでいて、読みようによっては、
笑える書でもある。

一方の「予言者」で言えば、すぐにその名が思い浮かぶのはノストラダムス。
かつて、1999年の7の月に滅びるという予言がなされているとして、
日本で、かなりの話題となったが、
それは、その火付け役となった五島勉氏の解釈であり、
ノストラダムスが、はっきりとそのように断言したものではない。
もともとノストラダムスの予言の言葉は、
抽象的な詩の形式で書かれているもので、いかようにも解釈できるというのが、
実際のところでもある。
そして、歴代のローマ法王についても言及しているが、
その予言は、もっと先まで書かれていると見ることができる。

数年前は、マヤ暦が2012年で終わっていることから、
その時をもって地球滅亡か?
と言われたが、人類は何とか持ちこたえている。
これからも、様々な予言が成されるだろう。
こういったものが、すたれる兆しはない。
オカルトやイリュージョン、
我々人間は、こんな超現実的なことに興味を示す奇妙な存在と言えそうだ。
  


Posted by extentt at 15:39Comments(0)